欠かせない基礎控除とは?

欠かせない基礎控除とは?

親など親族が亡くなって財産を相続する場合には、税金を支払わなければなりません。
相続税は財産を受け継いだ人それぞれの取得額の合計金額に課される税金のことをいいます。財産には土地や住宅などの不動産、預貯金や有価証券などがあります。債務や葬儀にかかった費用などは差し引くことができます。
また、そこから更に一定の金額を差し引いて、税率を乗じて計算したのが実際に支払う税金額になります。基礎控除とはその場合の差し引く一定額のことをいいます。
基礎控除の金額は、3,000万円に相続人1人当たり600万円を足した金額になります。受け継いだ財産がこの金額を超えない場合には、税金を支払う必要はありません。
ただし、平成27年に法律の改正が行われ、従来よりも控除される額が少なくなりました。そのため相続税を支払わなければならない人も増えています。特に不動産などは高値がつくこともあるので、税金の額が大きくなってしまうこともあります。

相続が発生して代襲相続となった場合の基礎控除

相続が発生して代襲相続となった場合の基礎控除

人が亡くなった場合には、その財産を受け継ぐのは配偶者や子供になります。しかし、子供の方が先に亡くなっており孫が残されている時には、孫には子供に代わって財産を相続する権利があります。
これは代襲相続と呼ばれるものです。相続税を計算する際には、基礎控除を差し引くことができます。3,000万円に600万円を相続人の数だけ足した金額になります。
代襲相続によって人数が増えた場合には、1人につき600万円程基礎控除額も増えます。人数が増えればそれだけ控除される金額も大きくなります。遺産を受け取る人の数が増えることはよくあることで、控除額が増えるのは大きなメリットのように感じます。遠方に住んでいたり普段はあまり付き合いがない人同士が相続人になることもあり、手続きが煩雑になってしまうこともあります。
家同士の交流が元々少ないと、話し合いがスムーズに行かないことも少なくありません。それをきっかけに初めて顔を合わせるといったこともあるようです。

\n"; echo "\n"; echo "
\n"; $q =urlencode($q); $str = file_get_contents('https://search.yahoo.co.jp/realtime/search?p='.$q); if (preg_match('!TS2bh end-->\s*(.*)/#TSm -->!s', $str, $res)){ print $res[1]; } echo "
\n"; echo ""; ?>